バックホーの操作方法 バックホー覚え書き

バックホー覚え書き > バックホーの操作方法

(スポンサード リンク)

2007年12月15日

バックホーの操作方法:旋回・フロント(作業機)の具体的パターン

バックホー(油圧ショベル、ユンボ、パワーショベル)の具体的な操作パターンには、主に下記のようなものがあります。

「JIS方式」
JIS方式は「標準操作方式」「ISOパターン」とも呼ばれる、バックホー作業機(フロント)の操作方式です。
また、コマツパターン(口述)が普及している地域では、「横旋回」とも呼ばれているとのこと。
JIS方式でのレバーの操作パターンは、バケットを横方向へ動かすときは左レバーを横方向(左右方向)に、縦方向に動かすときは縦方向(前後方向)にレバーを動かすというものです。
これは直感的で、感覚的に掴みやすい操作パターンと言えます。
具体的なレバーへの操作割り当ては、下表のようになっています。

(左レバーの割り当て)(右レバーの割り当て)
アーム
伸ばし
ブーム
下げ
左旋回右旋回バケット
掘削
バケット
開放
アーム
曲げ
ブーム
上げ


「コマツパターン」
コマツパターンは、現在JIS方式と人気を二分するバックホーの操作方式で、「縦旋回」とも呼ばれます。
このコマツパターンでは、右レバーはJIS方式と同じ操作割り当てです。
しかし、左レバーの上下方向と左右方向の操作割り当てが、ちょうどJIS方式から交換されたかたちになっています。
このため、レバー操作とバックホーの動作の、直感的な関係の掴みやすさについては、このコマツパターンはJIS方式より劣っている、と言われています。
しかし、一旦操作に慣れてしまえば、JIS方式よりもコマツパターンのほうが、作業性が高くなるそうです。
具体的には、バックホーの操作では、アームを小刻みに操作することが多いそうですが、このアーム動作を、操作しやすい横方向(左右方向)のレバー操作で行う点が、作業性が優れていると言われる理由です。
例えば、バケットに付いた土砂などを振るい落とすときの操作は、

 JIS方式:左右非対称のレバー操作
 コマツパターン:左右のレバーを、内側に寄せる・外側に倒すを繰り返す

であり、コマツパターンの方が操作が容易になります。

(左レバーの割り当て)(右レバーの割り当て)
右旋回ブーム
下げ
アーム
伸ばし
アーム
曲げ
バケット
掘削
バケット
開放
左旋回ブーム
上げ


バックホーの他の操作パターンには、以下のようなものがあります。

・ 旧ヤンマーパターン
JIS方式に近い操作方法ですが、左レバーの前後方向の動作割り当てが、逆になっています。
現在では、ほとんど見かけない操作パターンです。

(左レバーの割り当て)(右レバーの割り当て)
アーム
曲げ
ブーム
下げ
左旋回右旋回バケット
掘削
バケット
開放
アーム
伸ばし
ブーム
上げ


・三菱パターン
他の操作方式と違って、右レバーで旋回を行います。

(左レバーの割り当て)(右レバーの割り当て)
ブーム
下げ
アーム
曲げ
バケット
開放
バケット
掘削
左旋回右旋回
ブーム
上げ
アーム
伸ばし


※バックホーが、クラッシャーなど各種アタッチメントを装着している場合には、アタッチメント操作用のレバーやペダルが、運転席やレバーに追加されます。

ちなみに、バックホーのスロットル(アクセル)の操作は、自動車と違い頻繁な操作は必要無いため、

・レバー式
・ダイヤル式
・ボタン式:速い・普通・遅い・アイドリングをボタンで選択

などの操作方式になっています。
どの操作方式が採用されているかは、バックホーのメーカー・機種ごとに異なります。

 参考:
 油圧ショベル - Wikipedia
posted by バックホー覚え書き at 02:34 | バックホーの操作方法

2007年12月11日

バックホーの操作:旋回・フロント(作業機)

バックホー(油圧ショベル、ユンボ、パワーショベルとも呼ぶ)の、旋回・フロント(作業機)の操作は、運転席のサイド(運転者の両手近く)に配置された2本のレバーで行います。

基本的な操作は、

・上部旋回体の左右旋回
・ブームの上下動
・アームの屈曲・伸展
・バケットの掘削・開放

の4種類です。
(アタッチメントを装着・使用する際には、アタッチメント操作用のレバーやボタンが取り付けられている場合があります。)

この2本のレバーは、縦(前後方向)と横(左右方向)で、それぞれ違う動作を割り当てられており、4種類の操作を2本のレバーで全てカバーすることができるようになっています。

ただし、この2本のレバーで、前後・左右の動き各々に、旋回とフロントの4種類の動作がどのように割り当てられているかは、バックホーの機種やメーカーによって異なっていることがあります。

かつては、バックホーのメーカーごとに操作方法が異なっていたそうですが、現在ではおおむね「JIS方式」と、通称「コマツレバー」の2つの方式が、主に採用されているとのことです。

ただし、メーカー出荷時の操作方法を、バックホーのオペ(運転手、オペレーター)等の要望により、後で操作しやすい方式に変更することも、頻繁に行われているようです。
posted by バックホー覚え書き at 00:56 | バックホーの操作方法

2007年12月10日

バックホーの操作方法:走行

バックホー(油圧ショベル、ユンボ、パワーショベルは、運転者の足元の2つのペダル(及びそれに直結して立ち上がっている2本のレバー)と、座席横の、両手の近くに配置されている2本のレバーを用いて行います。
(クラッシャーなどのアタッチメントは、別途専用の操作装置を取り付けます。)
このうちバックホーの走行(クローラー、無限軌道)のコントロールは、足元のペダル(及びそれに直結する2本のレバー)で行います。
この走行コントロール用のレバーは、バックホーの使用状況に応じて、走行の操作を片手・両手いずれでも行えるよう、運転席前方の真ん中に、2本がかなり接近して配置されています。

バックホーの走行装置であるクローラ(無限軌道)の操作方法は、フロント(作業機)と異なり、バックホーのメーカー・機種に関わらず同じです。
 具体的には、

・前進:両方のレバーを同時に前へ倒す
・後退:両方のレバーを同時に後ろへ倒す
・旋回:片方のレバーだけを前後いずれかに倒す
・カーブしながら前進:片方のレバーを小さく、もう片方のレバーを大きく倒す
・超信地旋回(その場での小回りな旋回):両方のレバーを互い違いに操作する

となっています。

走行の操作で注意すべきは、バックホーの上部旋回体(レボフレームまたはスイングフレームとも呼ぶ。運転席やエンジン、フロントなどを搭載している部分)が、360度旋回できるということです。
例えば、上部旋回体が180度回転した状態では、レバーを前方に倒すと後退、またレバーとクローラの左右の対応も逆転しているなど、レバーの操作方法が逆になるので、留意しておくことが必要です。。

またバックホーでは、自動車と違って頻繁な操作は必要がありません。
バックホーのスロットル(アクセル)の操作は

・「レバー式」
・「ダイヤル式」
・「ボタン式」(速い・普通・遅い・アイドリングを選択)

など、バックホーのメーカー・機種によって異なっています。

参考:
油圧ショベル - Wikipedia
超信地旋回 - Wikipedia
posted by バックホー覚え書き at 01:28 | バックホーの操作方法